サッカー日本代表の香川真二と乾貴士!海外移籍組み評価再び?ドリブルとパスワークでセレッソスタイル再現なるか



2009年のセレッソ大阪。
背番号8と背番号7が、サッカーファンのこころをわしづかみにしていた。

香川真司(背番号8)、乾貴士(背番号7)。

2対11でサッカーをしているかのように、
相手の守備網を切り裂いていたのは記憶に新しい。

当時のプレーを見てみると、
香川と乾の素晴らしさを再確認することができる。

日本が目指すサッカー、ヒントになるのではないだろうか。

スピードにのったドリブル、
それをサポートする見方選手、
トリッキーなパス交換。

いま、日本代表の選手たちが忘れている、
何かを思い出させてくれるはずだ。

今回のキリンカップでも2009年のセレッソ大阪でのプレーを再現するような、
プレーを期待している。